HOME » 知らなきゃいけない注文住宅3つの常識 » 表示価格のウソ・ホント

表示価格のウソ・ホント

ここでは、注文住宅の価格について詳しく調べてみました。注文住宅を建てる場合は特に注意が必要になりますから、しっかり確認しておきましょう。

表示された坪単価だけでは家は建たない?!

家を建てようと考えている方は、家づくり雑誌や広告を見ることも多いですよね?広告やカタログでは、「○○ハウス、坪50万円」といった表記を見かけることも多いかと思います。

しかし、この表記された一坪あたりの金額で判断するのはNGです。

というのも、住宅価格の表示に明確な定義はなく施工会社がそれぞれ異なる方法で坪単価を算出しているため、実際の工事にかかる費用を予測するのは困難だからです。

通常、坪単価は延床面積で本体価格を割って算出(坪単価=本体価格÷延床面積)しますが、ローコストを売りにしている会社の中には、工事面積や施工面積と称して、延べ床面積には含まれないようなロフトや屋根裏収納、バルコニーなどの面積を含めた面積で計算しているところがあります。

このようにすると割るための面積が大きくなるので、表示する坪単価を安く見せることができるからです。

「最初は坪40万円と言われていたのに、契約時には坪60万円になっていた」というケースがあるのはこのためです。

表面上の坪単価が安いからといって、費用が安いわけではないということを頭にいれておきましょう。

また、坪単価は地域によっても異なりますし、家の仕様や設備のグレード・形状などによっても変わってくるものです。

多くの方は家づくりの価格を坪単価で計ろうとしますが、実はこんなに不安定な目安価格でしかないのです。(※坪単価ではなく、オプションやカーテン・照明・システムキチン・確認申請・管理経費など全て含んだ売り出し価格を表示してくれるメーカーもあります)

少し大げさな言い方になりますが、坪単価には「ウソ」もあり、実際には表示された坪単価だけで家づくりの総額を算出するのは難しい、というのが「ホント」のところなのです。

本当に自分が欲しい家を建てるのにいくら必要なのかは、各社で見積もりを出してもらうしかないのです。

※なお、家を建てる時は坪単価の計算に入っている本体工事費だけでなく、「建物本体以外の付帯工事費用」と「その他諸費用」がかかってきます。

  • 本体工事費…総額の約70%
  • 付帯工事費…総額の約15~20%
  • 諸費用…総額の約5~10%

と、家づくりの総額は3つの項目に分けて考えられます。詳しくは「注文住宅の費用と賢いローンの組み方」のページでご紹介しているので併せてご覧下さい。

見積もりの見方

  • 面積や工期などが希望通りになっているか
  • 見積もり金額の中に、関連工事や住宅設備・機器がどこまで含まれているか
  • 門や塀などの外構工事、給排水工事などは含まれていないことが多いので十分確認すること。その他工事費にあたる解体費用・基礎補強工事費などは金額も大きくなるため、どの程度になるのかもしっかり確認。

見積書を見る時は金額の高い安いを見るだけでなく、工事の内容がどこまで含まれているのかをしっかり確認することが大切です。

住宅メーカーに騙されないための注意点まとめ

  • ハウスメーカーや工務店によって坪単価の基準が異なるので、あくまでも参考程度に見ること。
  • 本体工事費だけでなく、付帯工事や諸経費を加算した場合の費用をしっかり確認すること。

見積書は会社によって項目も範囲も異なりますが、少なくとも「見積書の明細(費用内訳書)」は必ずもらって内容を確認するようにしましょう。

普通は最初から明細も出してくれるものですが、中には「本体工事費」などのおおまかな金額だけしか出してくれないところもあるので注意が必要です。

大手メーカーや実績のある会社であれば、明細書もしっかり出してもらえるので安心です。

また、親切な会社では諸費用も想定して家づくりにかかる全費用を把握できるよう、資金計画書というものを用意しているところもあります。

そういった会社で見積もりをお願いしたり、複数の会社で相見積もりをとって比較検討してみるのもおすすめです。いくつかの会社の見積書を見比べてみることで、金額が妥当かどうかを確かめることにも繋がります。

3社のモデルハウスを見比べレポート
ページの先頭へ