HOME » 知らなきゃいけない注文住宅3つの常識 » 大手or地元密着?注文住宅会社の選び方

大手or地元密着?注文住宅会社の選び方

ここでは、大手ハウスメーカーと地元密着型の業者のそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

大手ハウスメーカーのメリット・デメリット

まずは、大手ハウスメーカーのメリット・デメリットを見ていきましょう。

大手ハウスメーカーのメリット

  • 会社の規模が大きく、ブランド力がある
  • 市場のトレンドを意識しているので、流行りのデザインや設備が揃っている
  • 品質が安定していて施工もしっかりしている
  • アフターメンテナンスなどサービス面が充実
  • 展示場やカタログなどで仕上がりイメージが掴みやすい
  • 資金面での相談にも乗ってもらいやすい

大手ハウスメーカーのデメリット

  • いくつかの基本プランが決まっており、そこから選んで決めることが多いので自由度は低い
  • 広告宣伝費や人件費がかかるので総額が高くなりがち
  • 見積書の明細がわかりにくいことがある(○○一式、といった書き方をする)
  • 設備の標準・オプション設定があるので追加料金で金額が高くなりがち
  • 利益第一優先なので営業マンが強引なケースが多い
  • 実際に工事を行うのは下請けの工務店なので技術力に差がある

全国規模で展開しているような大手ハウスメーカーで家を建てる場合、ある程度資材や間取りが規格化されているので希望通りのプランにするためにはオプションを加えなければいけないケースが多いようです。

一方、資金面での相談やアフターメンテナンスは充実しているので、幅広いサービスを受けたい人・ある程度メーカーにお任せで家づくりをしたい人(家づくりにあまり時間や手間をかけたくない人)には向いているでしょう。

大手ハウスメーカーを選ぶ場合、担当になった営業マンの人柄(契約をやたら急かす場合はNG)や建設現場を見せてくれるかどうか、に注意してみて下さい。

地元密着業者のメリット・デメリット

続いて、地元密着業者のメリット・デメリットを紹介します。

地元密着業者のメリット

  • 広告宣伝費をあまりかけないため一般的に価格が安い
  • 地元で仕事をしているので、施工~アフターメンテナンスまで丁寧にやってもらえる
  • 見積書の明細がわかりやすい
  • 契約時の見積もりがほぼ最終価格になりやすい(ハウスメーカーのように後からオプションで追加費用がかかることがない)
  • 施工主の要望が第一なので、希望が通りやすい
  • 地域にお店があるので連絡が取りやすい

地元密着業者のデメリット

  • 人数が少ない会社も多いのでプランや見積もりに時間がかかる
  • 一般的に会社規模が小さいので不安を感じる人もいる
  • ショールームがない場合は家の仕上がりイメージがつかみにくい
  • 資金面に関する支援体制が整っていない
  • デザインや内装設備などの提案力が弱い(斬新なデザインなどは不得意なことが多い)

地元で長く家づくりを行ってきた業者(工務店)は、現場監督と直接顔を合わせて打ち合わせができるので細かい希望もしっかり反映されやすく、思い通りのプランで家をつくることができる点が大きな魅力です。

その土地の風土や気候に合った家づくりのノウハウ(特に木材の知識は伝統的に強いので、無垢材などの自然素材を使った家づくりは得意)もあるので、快適で長持ちする家に仕上がりやすいのもポイント。

ただし、会社によっては現場監督や職人の技術力に差があるので、腕の良い会社かどうか見極めて依頼することが大切になります。

選び方としては、職人の顔が見え、地元での実績・歴史がしっかりしていて、建設現場を見せてくれる会社がおすすめです。

3社のモデルハウスを見比べレポート
ページの先頭へ